右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2012年2月8日水曜日

核を研究し知り尽くしている「大国」の出した結論は「封鎖」「隔離」「不拡散」




敵と徹底的に対立し倒せば良い?
長いものには巻かれて見ぬふりをしてみんなが我慢すれば良い?
厳しい真実、優しい嘘、どちらがより多くの人を救う?

ダメな物はダメだ

あらゆる差別の上に成り立っている原子力発電は、
電気を使う現代人がどんなに不便な思いをしたとしても、
即刻やめなければいけない

原発は、あらゆる形の差別を引き起こす要因にもなる。
それに取り込まれてはならない。

1割の悲劇に目をつぶり、9割の心情に配慮して物事を有耶無耶にする

福島には人は住んではいけない

日本の政府、学者、宗教家、金持ち等が
突然新説や「実は」的な事を言って「安全だ」と吹聴しようと、

核、放射性物質を研究し知り尽くしている
「大国」(アメリカ、ロシア)の出した結論は

「移動」「封鎖」「隔離」「不拡散」

なのです。

この事実は未だに変わりません。

突然沸いた国内の安全神話と、
核の裏の裏まで知り尽くしている「大国」のどちらを信用するのか?

これだけハッキリとした指標は無い


「差別」と「区別」は違う

汚染地に平気で人を住まわせ、
汚染された物もこれくらいといい拡散し、
出入り自由な事自体がおかしな事

自分の選択でいかに生き抜いていくか。

「まあいいでしょう」「かわいそうじゃありませんか」「空気読んで」
で 何時も有耶無耶。

神様じゃないんだ全ては救えない。
でもできるだけ救いたい。
人間の出来る最大限の良心

原発が4つも爆発した
迷ってる場合ですか

「いま我々がしていることは福島に暮らす人たちのために…本当になっているのだろうか?」



様々な立場のヒトが居て、様々な立場の意見がある。

被災地で暮らす人達の論理があれば
被災地から離れたところに暮らす人の論理があるのは当然。

そしてソレらが異なる結論であったとしても
ソレもアタリマエのコトだろう。

オレはオレの置かれた立場でオレ自身が考えるベストを選ぶ

被災地で暮らす人達のためでもなく
被災地から離れたところに暮らす人達のためでもなく

オレのためのベストを選択する。

ソレは時に偽善的な行動や結論となるかもしれない。
ソレは時に無慈悲な行動や結論となるかもしれない。

何れにせよ、ドンな行動や結論であろうとも
ソレはダレのためでもない

全てはオレのため

決めるのは神でもなけりゃ官僚でも政治家でもない。

決めるのは、オレ自身なのだ。














0 件のコメント:

コメントを投稿