右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2012年9月2日日曜日

汚染された製品そのものを摂取しないようにする事が最大の内部被曝防御になる





「検査されているのはほとんどの場合がセシウムだけ。汚染比率は同じではない」

http://himorogian.jp/tayori/2012/03/post-136.html

よほど信頼できる良心的な生産者が出荷しているものでない限り

生半可な放射能対策では
これから少なくとも数百年は続く放射能汚染時代を生き延びるのは困難













0 件のコメント:

コメントを投稿