右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2012年5月30日水曜日

VM-RUN Regulation

.





某所で話題のVM-RUNのレギュレーションの話し
長くなりそうなのでコッチで書きますwww。

ナンじゃカンじゃ制約を設けてはおりますが
まぁ、ホントのトコは「チンカスな輩」じゃなけりゃあ
ダレでもウェルカムにしたいんですよ。

ビンテージモンキーでも残念な輩は幾らでも居ますしね。
チンカス雑誌観てればわかりますよねwww。

モンキー以外でも
ディープでコアなカブ系Eg搭載車両はありますし
ダックスやシャリィでもヘンタイ的なジャンルは御座います。

ただ

ビンテージカブに拘りがあるなら
VintageCub-Runの方が
モンキーに混ざって走るよりも絶対に楽しいだろうし、

ダックスやシャリィに拘っているなら
Dax&Chaly-Runの方がより楽しいでしょう。

カブにはカブの拘りがあるし
DAXにはDAXなりの拘りがある。

ソレはカブに拘らなければ理解出来ないモノだったりするし。
DAX乗りにしか理解出来ないモノだったりもする。

同じ様に、
ビンテージモンキーにはビンテージモンキーならではの拘りがある。

VM-RUNというのは
そんな拘りを共有共感する為の集いでもあるワケです。

そういった意味で
「ビンテージモンキー縛り」というのは
拘りの無いヒトには無意味な縛りでも
拘っているヒトにとっては、
とっても重要で意味のある縛りなワケです。

その辺のタガを外してしまうと
VM-RUNの存在意義から大きく外れてしまうので
やはり「ビンテージモンキー縛りは外せない」
というコトになります。

「JZをビンテージに含めるかドーか」については
今後の検討課題となりますが・・・www。


例外とか特別とかを設けるのは簡単なコトですが
ソレを設けた時点で「思い入れ」は薄れます。

前回CD50Mを特別ゲストとして参加を承認しましたが
申し訳ないですけど、
VM-RUNとしてはヤッパり違うよなぁ・・・
って思いが拭い去れないンですよね。


今回のRUNで16台のビンテージモンキーが
ビシッと整列しているのを観て
より一層そう感じました。

VM-RUNは、ビンテージモンキーの為のRUNで
ビンテージモンキーだけで走るからVM-RUNなんだ と

どーしてもVM-RUNで皆ンなと一緒に走りたいのなら
申し訳無いけれども「ビンテージモンキー」に乗って来て下さい。


ビンテージモンキーという括りの「思い入れ」を皆で持ち寄って走る

VM-RUNはソコに拘りたい・・・って思うんです。














0 件のコメント:

コメントを投稿