右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年12月28日土曜日

ああトリチウムねェ~アレ除去するの大変なんだよねェ~スゴク金がかかるのよ だからイイぢゃん海に捨てちゃえば「薄めちゃえばダイジョウブ」って言っときゃダレも文句言わないからさ







「海に捨てるコトを『処理』と言うのか」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131225/k10014111731000.html


トリチウムは海に「捨てる」

NHKは「流す」って言ってるけどね。

ドーにもならんから海に捨てるの。

もう決まってる。

海に捨てるコトが前提でハナシが進んでる。

話し合う問題は「ドーやって捨てるか」

ドーすれば自分達が責任をとらされずに済むか
ドーすれば自分達が世界中から袋叩きにされずに済むのか

誤魔化し方を考え
イイワケを考え
タイミングを見計らう。

実はトリチウムは除去出来る。
だが トンでもない膨大なカネがかかる。

だから海に捨てる。
危険なモノだとわかっているけど。

トリチウムを除去していたら
「原発のコストは安い」って言ってたウソがバレバレになってしまう。

本当はトリチウム云々を抜きにしても「原発のコストはバカ高い」のだけど
今は上手いコト嘘ついて誤魔化せている。

でも流石にトリチウム除去までヤッテいたら
「原発のコストは安いナンてのは大嘘だ!」ってコトがバレバレになってしまう。

だからドーしてもトリチウム除去はヤレないのよ。
でも、ダレもソレを言わない。

メディアは
「トリチウムは分離して取り除くことが難しい」としか言わない。

ソレは「ウソ」ではないけれど「真実」の極々一部でしかない。

一番肝心で重要なコトは隠されている。



「トリチウムは分離して取り除くこと出来る」

でも絶対に海に捨てる。

「仕方が無い」と言いながら・・・。

































0 件のコメント:

コメントを投稿