右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年12月21日土曜日

「キチントシラベテイルノデアンシンシテタベナサイ」




「地下水から過去最高値の150万ベクレル!」

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/index-j.html


「ムラソイ131000ベクレル クロソイ89000ベクレル 

シロメバル38000ベクレル アイナメ1万4200ベクレル」
 

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/fish01_131218-j.pdf



汚染水タンクに溜められている汚染水は
浄化が終わってセシウムが除去されたモノ
セシウムは除去しているがストロンチウムは残っている。
ソレが環境中に漏れている。

セシウムは土にくっ付き易い性質を持っている。
だから土壌に漏れ出しても土と結びつき広範囲に拡がり難い。

だがストロンチウムは土と結びつきにくく
殆ど水と同じ様に海まで流れ出ていく。

そして生物のカラダの中にカルシウムと入れ替わるように蓄積される。

だが、今現在食品の検査の対象はセシウムだけ
ストロンチウムは検査していない。

海に流出しているのはストロンチウムなのに
ストロンチウムの検査はしていない。

海の汚染もマトモに調べていないコトは専門家の間では周知の事実。

海水の汚染計測ポイントが
なるべく低い数値が出そうなトコロを選んでいるコトは
専門家なら皆ンな知ってるコトなんだそうな。

地下水が湧き出ている場所で調べないと意味が無いのに
そういう場所では調べない。

肝心なコトはワザと調べていないクセに

「キチントシラベテイルノデアンシンシテクダサイ」

と言う・・・。

安心出来るワケ無ェだろwww。































0 件のコメント:

コメントを投稿