右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年12月19日木曜日

メルトダウンしてるかドーかなんてのはもうワカッてるハナシだからドーでもエエのだけれども









「原子炉への注水が途中の弁から別の機器に流れていた」

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000017917.html


コノ記事でイチバン重要なのは

原子炉を冷やすツモリで決死の覚悟で注水作業をしたのに
ソレが全く意味を成さなかった

というコトだ。

何故注水が上手くいかなかったのか
徹底的に原因を究明する必要がある。

徹底的に原因を究明し
問題を解決しなければ

またドコかの原発で事故が起こっても
注水冷却がマトモに出来なくて
再びメルトダウンという福島第一原子力発電所爆発事故の
二の舞になってしてしまう。

日本中の原子炉の緊急注水用の配管を徹底的に調べて
二重三重の注水冷却に対するバックアップを供えているか
キチンと検証せねばならない。

ダレも「メルトダウンさせてやろう」ナンて思っていないのだよ。

誰しもが「ナンとかしてメルトダウンだけは防ぎたい」そう思って頑張ったのだ。

でも、メルトダウンを防げなかった。

メルトダウンを防げなかったのには
メルトダウンを防げなかった原因がある。

ソレはいったいナンだったのか。

ソレがキチンと判明させられるまでは
原子力発電の是非すらをも語る資格は無い。

同じ轍を踏むコトが判りきっているモノに
我々の命を預けるコトなど出来るワケがないのだ。
































0 件のコメント:

コメントを投稿