右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2017年12月9日土曜日

千葉県千葉市のインディアンショップSABIYAの平松さんからメールの返事は来ませんがHotRodCustomShow2017の模様はアト少しダケ続きますョ♪♪♪










評価というモノのは本来であれば

キチンとソノものごとを正しく評価するコトが出来るニンゲンが

公正公平に決めるモノであり

理解する能力が無いモノにソノ権限を与えるべきではないし

その資格はキチンと問われてしかるべきなのであるが

世の中と言うのは真っ当なコトばかりでは無い というのは

今の我が国の総理大臣を観ていれば理解出来るだろう。







クランクデビルのガボさんの「俺のスポーツ」は

搬入時間締め切りギリギリで間に合ったそうな。

「本当に間に合うンか?」とドキドキしたわwww。





アイアンのフレームにエボスポのEg

ソレだけだって簡単には載らないよ。

でもってコレは左側からマフラーが出てる。






キャブは右側に後ろ向きに2つ

ツースロートとかマニで誤魔化しているツインキャブとは次元が違う。







XRと同ンなじレイアウトなのだ。








コレ見よがしなトコが無いから

ワカラン奴には水準が理解出来ないのかもね。








セリアーニにエッチなリムにロッキードの三種の神器








ハードテイルにエッチなリムにロッキードと後ろ側もぬかりは無い。








どんな乗り味なんだろうねェ~ 乗ってみたいな♪♪♪

あコレハリボテじゃなく普通にEgかかるそうですよ。





アワードが欲しけりゃ

アワード出す奴の水準までレベルを落とさないとアカン

というのは 自分自身でヤッテ来て出た結論。

ドレだけ創意工夫を盛り込んでも

ソレを観る方が理解出来ていなければ評価はされない。

まぁソリャあソーだわなワカランのだからwww。

解かり難いのはワカラナイから理解出来ない。

「その程度のジャッジなのだ」というコト。






去年のホンダ星型Egにはビックリだったインドネシア勢は

今年も意欲的に頑張っておりました。










WLのEgをOHV化してオープンロッカーヘッドの組み合わせ?

ミッションはトライアンフ用だろうか・・・。 

オイルタンクも鋳物?で変わってるけどナニかの流用なのかな?



































去年の星型と同じくコレが「カッコいいのか?」

ってトコはとりあえず置いといてwww。

勢いがあるのは間違いない1台で御座いました。






ベース車すらワカランっす(><)www。








XLのキャブかな? 

このキャブはカッコいいよね

砂型CRキャブに通じる美しさがある。








ロイヤルエンフィールド








エンフィールドってコンなモダンなEgのも造ってたのね。



エンフィールドって言ったらコッチのイメージが強くてさ。

















この角張ってるツーリーディングもイイよね。

小ぶりだけどドラム幅はソコソコあるから効くのかな。





意欲的といえば海外ゲストも「凄い」のを持って来てたね。


設計図のみで計画が頓挫して世には出なかったハスクバーナーのVツインを

その設計図をもとにして造っちゃったンだそうな。








「凄い」よねェ・・・。







お金があったらナンでも出来ちゃう今の世の中


ソレを成し遂げちゃうのは確かに「凄い」

「凄い」けれどカッコいいには程遠かったので

全体画像は1枚も撮ってませんが・・・www。





でもペダルは気になったので撮りましたョwww。

















ブレーキペダルの根元も凝った細工してました。











コチラは物販ブースに置いてあった陸王


























ベースはRT-2だそうです。









本業はビンテージ風味な家具を製造販売しておられるんだそうな。
























































0 件のコメント:

コメントを投稿