右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年6月5日木曜日

Street Car Nationals in SUZUKA 2014 #02








SCN鈴鹿にはアワードがあります。

一昨年から「Funny」の冠をつけたアワードを新たに設けて頂き
選考の全権を委ねて頂いて 完全なオレの好みで選んでおります。

で 今年の「Funnyピック」はコチラ♪♪♪



ベッタリと落としたセドリックカスタム

同年代のクラウンやグロリアなどと比べるとマイナーな存在ですが
ソレをキッチリ仕上げて来ているのが高評価のポイント。




どうしてもキャッチーでエスカレーターに成りがちな部分も
グッと押さえて寸止め具合も完璧♪♪♪

スムースドコロと残しドコロの選択もオトナでグッドセンス。





エンジンルームのディティールもパーフェクト♪♪♪





部品の入手すらも難しい車輌をキッチリと仕上げるのは
タイヘンな労力が必要だったコトと思います。





細部まで手を抜いていない隙の無い仕上がり。





光らせるべきトコロもキッチリと仕上げて光らせています。





インテリアの仕上がりも極上♪♪♪





後姿も文句無し♪♪♪



































オメデトウございます♪♪♪






コチラは「Pharaohsピック」


























コチラは「COOL」


















コチラは「Zap!」


















コチラは「SOLIDピック」






























コチラは「Mazooma!」

































毎年スタッフで協議してアワードを選考するのですが
毎年なかなかスンナリとは決まりません。

ソレというのも SCN鈴鹿には
他所のSHOWなどで噂されている「ごっつぁんアワード」がアリマセン。
オレがアワード選考に関わって居ますのでソレは間違いアリマセン。

なので毎年 全てのエントリー車輌に「平等」に権利があり
頑張っているヒトが報われるイベントでありたい と考え
良い車輌には分け隔て無く賞賛を与える 
という趣旨でアワードを決めています。

ベース車輌を問わず プロアマを問わず 
頑張っているヒトや良い車輌が報われる。

そういう意味ではSCN鈴鹿のアワードは
価値のあるモノとオレは思っています。

モチロン「頑張った」ダケぢゃあ無くて「センス」も大いに必要ナンですけどねwww。
だからこそ尚のコトSCN鈴鹿のアワードは誇りにして頂いて良いかと・・・。


受賞された皆様 おめでとう御座います♪♪♪



























0 件のコメント:

コメントを投稿