右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年6月10日火曜日

想像してみてください 格納容器の直径は2500cm そこに30cmしか水が溜まらないのですよ 一時間に4500リットルの水を注入しているのに











「2号機の格納容器内の水位は30cm」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140610/k10015099621000.html


2号機には1時間に4.5m3/h(1時間に4500ℓ)の水を注入している。

直径が25mの格納容器に1時間に4.5m3(4.5m3/h)の勢いで注水すると
水深30cm(0.3m)まで水が溜まるのにドレ位の時間がかかるか

直径25mの底の丸いフラスコ状の容器に
水深30cm(0.3m)まで水が溜まるのにドレ位の時間がかかるか

まぁソンな難しい計算はオレには出来んのだけどさwww。


直径25mもある底の丸いフラスコ状の容器に
「たった水深30cmの水」

ソレを想像したらさ
ソレってほとんど溜まっていないに等しいンぢゃあ無いの???
ってェ思うんだけど・・・。

でもって直径25mもある底の丸い容器に 
たったソンだけしか溜まんないってコトはさ
殆ど底に近い部分で穴が開いちゃってるってコトでしょ??

でもってでもってさ 注水は24時間同じ量で続けられて居るワケだから
格納容器の中の水が水深30cmしか溜まらないンだとしたら
格納容器の中に溜まっている以外の残りの注水した水は
いったいドーいう状況になっちゃってて
ドコに行っちゃってるのでしょうか???

でもって超高濃度汚染水が消えているのは
2号機ダケでなく1号機も3号機もなワケです。


「消えた汚染水」

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2014/05/post-3ef6.html


「消えた」っつっても無くなったワケぢゃあないからねェ。
「消えている」と言っている分の超高濃度汚染水は
全て我々が住む環境中に漏れ出して垂れ流されているのです。

ソレなのに「食べて応援」とか言っているワケですよ。
 






























0 件のコメント:

コメントを投稿