右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年12月12日金曜日

Yokohama HotRod Custom Show 2014 #03









井上陽水氏 が紅白歌合戦の出場を辞退したそうな。

その理由は「恥かしい」 だってさ。

紅白に出るコトが「恥かしい」コトなのだというコトなのだろうか。

「恥かしい」催しに出るコトは「恥かしい」コト。

凄く良く理解出来る とても納得出来る御意見である。


オレも「恥かしい」からモンキーのイベントには一切出なくなったし

「恥かしい」からレベルの低いバイクのショーにも出さなくなった。


あ、誤解を招くとイケナイので一応言っておきますが

今年のHRCSやニューオーダーに出さなかったのは

「恥かしい」からではアリマセン。

単に遊び呆けていて製作に費やす暇が無かったダケですwww。


しかしまぁ 出るのが「恥かしい」とまで言われてさ

NHKも紅白に喜んで出てる常連のゲーノー人も

ナニか気がついてくれればイイんですけどね。

気がつきゃしねェ~だろ~なきっと。

モンキー村もチンカスショーもドコも同ンなじだろうからね。


水は低きに流れ 澱み濁り そして腐る。 


ドンな世界でもクソがのさばるとロクなコトは無いわな。








さてとコチラは「イヌちょ&サンダー&AKO」の連合ブース












「搬入日に現場で看板をフリーハンドで書く」 というていたらくな

イイ感ぢに肩のチカラの抜けたブースwww。







だからバックボードもフリーハンドなワケだけれど







でもそのクセに シッカリとバナーまで作ってる!!www。

気の抜けた本気

ソレがイヌ稲妻AKO連合







AKOさんのエボスポはツボを抑えた通好みの仕上げ







ダートラはエボスポのヒトツの答えとして正解なのかもしれないね。

トマゼリのスーパープラティックに丸壷のマスター

ソレもホンダではなくヤマハ系のモノを選択するトコロが

むむむ・・・とさせるセンスの魅せドコロなワケです。

ココでグリメカとか使っちゃったら台無しなンであります。







ワカッテるヒトがセンス良くマトメないとコーはならない。

モノホンのレーサーを札びら叩いて買って来て並べてあっても

「ふゥ~ん」で終わっちゃうけれどさ

「へェ~♪♪♪」とか「ほぉ~♪♪♪」とか言わせるモノを創るのは

札びらダケでは無理ナンだよねェ~♪♪♪







オレ的には左側が観たかった。

 Hなリムとイヤらしいキャリパーの醸し出すエロチシズムは

コノ車両の魅せドコロでもある。



















「イヌちょ」もカタチになってた♪♪♪











ぜ~んぶ縮尺を合わせてあるから気がつかないかもしれないけど


「薄い」のよコレ






イヌリバティー


























イヌさん新作ステッカー

「ヘルメットなんてクソくらえ」







普通に見えて普通じゃない。


バランスが良いと錯覚する。

見比べると全然違う。


そしてナニよりも「過ぎない」のがだいじ。









乗っても凄く楽しそうだよなぁ~コレ♪♪♪








イヌテール







おでこに「犬」って入ってンの♪♪♪www。







ダレに媚びるコトもなく 自分のヤリたいように

自分のスキルの中で出来る限りのコトをする。









ナニよりも バイクを創るコトを楽しんでいる。







ソレはイヌさんが創るモノ全てに言える。

イヌさんは全てに同じスタンスで取り組んでいる。

グッズも鋳物も 創るコトを楽しんでる。





楽しんで創って 楽しんで売って 楽しんで乗る♪♪♪









ダレの為でもない自分が楽しむ為に


そりゃあ「モノを創り出す」という行為は楽ではないからね

ヤッテる最中は苦行かもしれないけど

ヤリ遂げるコトが出来たら ソンなコトも忘れちゃう

ソンなモノを創り出し 笑って楽しめるコトが出来れば

ソレが正解♪♪♪ 楽しんだモンが勝ち♪♪♪


ナンの為に? ダレの為に?? ナニに向かって???


楽しむ為に 自分の為に 自己の満足に向かって


ソレもヒトツの正解なのだろう。

イヌさんを観ているとソー思う。

だってスゲェ楽しそうナンだもん♪♪♪


ドレだけ優れたモノを作り出したとしても

ソレを楽しめないのなら

楽しんじゃってる連中には敵わない。


しかめっ面する為に

鉄粉やパテ粉にまみれたワケぢゃあないだろ?


世の中楽しんだモン勝ちだぜ?


彼らを観て ソー感じたのでありました。





































0 件のコメント:

コメントを投稿