右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2017年6月30日金曜日

千葉県千葉市のインディアンショップSABIYAの平松さんからのメールの返事は来てませんが梅雨の合間の貴重な晴れ間と土曜日がマッチングしたのでGo!Hey!!と五平餅ツーリングに行って来たワケで御座います♪♪♪










もう一週間前のハナシになっちゃいましたけどwww。

梅雨の合間の貴重な晴れ間と土曜日がマッチングしたので

五平餅ハントに行って来ましたよ~♪♪♪



瀬戸品野からR363-K20-K33で山岡で再びR363

岩村を抜けて 山越えして中津川まで出て
 

中津川でR19に乗って坂下でR256-K3というルート

K3はナカナカに走りやすくてイイ道でした♪♪♪






道の駅「五木のやかた」の

川向にありますのがコノ日の1軒目


中津川市川上の「いきいき市場」

地元のおじちゃんとおばちゃんがやっている産直売所です。







厨房の中ではイマまさに手作り中の五平餅が・・・♪♪♪

「今から焼くでチョッと時間かかるよ」 と

ジジババの産直所の手作りで焼き立ての五平餅♪♪♪

期待に胸が膨らんじゃいますね~♪♪♪








待たされることしばし・・・

キッチリと焼かれた熱っつ熱つの五平餅♪♪♪

待ったダケの甲斐は大有り♪♪♪

東濃スタイルの王道であるパンチの効いた照り系のタレです♪♪♪

醤油ベースの木の実系ですがコテコテ感は無く

サッパリしているのに濃厚な味わいのタレ♪♪♪


まさに「至福のひと時」で御座いました♪♪♪


付け合せの漬物も美味しい♪♪♪

1本¥130-とチョッと高めの値段設定ですが

アベレージサイズより大きめの玉なので

コスパ的には悪くはないと思います。 


ココはルート的にも良い道なので 再訪必須ですね~♪♪♪ 



 K3からR256に乗り北上

道の駅「花街道付知」へ








コチラがコノ日の2軒目


中津川市付知町の「花街道付知の出店」








独りぼっちなので顔出し看板を楽しむコトは出来ませんでしたwww。








不味いっす(><)

作り置きを焼き直ししてはくれますが

餅って作ってから冷蔵するとグルテンが固まるンだよね。

「冷や飯」って蝋みたいな食感があるでしょ?

あの食感が焼き直しではドーしても消せないンだよね。

でもってタレも不味い・・・。

コッテリしているダケでパンチが無い。

味のヌケが悪いンだわ。

1軒目が激ウマだったから余計に粗が目立つわな。

コレで値段は1本¥120-もするンだから

余計に「損した感」は増すわねェ・・・。







付知の道の駅では もう一箇所五平餅が食べられます。

コノ日の3軒目













中津川市付知町の花街道屋台村内「つけちふる里工房」








コチラはアベレージサイズより大ぶりの玉で1本¥100-

コストは安いですがパフォーマンスが伴いません(><)

ゴマの風味がキツ過ぎて「ゴマ味」になっちゃってる。

あと作り置きを焼き直してるので・・・以下略・・・。

冷蔵するならソレナリに工夫しないとダメやろね。

「あまから」 みたいに冷蔵でも美味しいトコもあるからさ。

ヤリ方次第ってコトなんやろうね。




そのままR256を北上するとコノ日の4軒目



中津川市付知町の「やまびこ」





コチラは五平餅メイン的な売り込み振れ込みなので

個人的には非常に期待しておりました。


やまびこ定食(ざるそば)¥950-

クソ不味いです。

ソバはインスタント? 五平餅はバリバリの作り置き。

グルテンが固まってて食品サンプル状態。

タレも「五平餅を謳い文句」に出来るほど美味しくは無い 。

コレがもし作り立ての焼き立てだったとしても期待は出来ませんね。

期待していたダケに非常に残念で御座いました・・・orz

宣伝上手が味上手とは限りません。





R256を北上しR257に入ります。



コノ日の5軒目は中津川市加子母の「慈光堂」

加子母観音の前にある神具屋です。







思いっきり真空パックです。

時間かけて丁寧に焼いてはくれますけどね。


メニューには「手作り」と書かれていますが

まぎれもなく「真空パック」です。

焼く前に実物観ちゃったンで・・・www。


コレを「手作り」と謳っちゃあアカンでしょ。

観音様のバチがあたりますよ マヂで。


店内の喫茶コーナーでいただくのですが

御香が臭くて臭くて とても食事をする環境ではありません。

コンなトコでカネを盗って平然とモノを喰わせるのですから

宗教と言うモノはドレだけニンゲンの心を曇らせるのか

ヤッテる本人達に「自覚」が無いのが厄介ですわね。


ミサイル打ち合うのもコーいうコトの延長線にあるンだよねぇ・・・。

相手を思いやる心を捻じ曲げる。

ホンと宗教ってロクでも無いクズだわな・・・。





R257を北上します。


舞台峠の入り口?(下呂側)にあるのがコノ日の6軒目








日本一おいしい米コンテスト」で3年連続日本一を受賞したという

「銀の朏」というコメを使用した「究極の五平餅」というフレコミ

「数々の五平餅を食べ歩き、生み出したオリジナルのタレとの相性は抜群♪」

とのコトで期待しておりましたが 

ソレほどでもないですね・・・。

まぁ不味くは無いンだけどね・・・。

タレはココらのスーパーの軒先で売ってる業務用の五平餅と大差無いかな。

ナニがオリジナルなのかを開発者に問い詰めて聞いてみたいね。

メニューには3種類あるようなコトも書いてあったから

別の味のコトなんだろうかね・・・

注文時に「ナニ味にする?」とは聞かれなかったけどな。

http://blog.livedoor.jp/butaitouge/archives/55194133.html




舞台峠の反対口(中津川側)には産直所があって

ソコではあの中津川駅前の名店「喜楽」さんが出店しているので

「美味しい五平餅が食べたい」って方は

ソコで食べられた方が間違いないとは思いますwww。
 



帰りはR256-K62の白川経由でR41を南下して

美濃加茂から尾張パークウェイで帰るというコースでした。


途中で何軒か道の駅やらドライブインやら寄ってみましたが

美味しそうな五平餅には出逢えず・・・でした(TT)


コノ日の走行距離は約230km 












「ガチンコGo!Hey! 餅!!食べ比べGrand Prix」


ガチンコ最新ランキング絶賛更新中♪♪♪


http://funnycustom.blogspot.jp/2016/08/gohey-grand-prix.html


http://funnycustom.blogspot.jp/2016/08/gohey-grand-prix.html





















0 件のコメント:

コメントを投稿