右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2016年11月28日月曜日

Todays Indian scout #58










毎日良い子で過ごしていたら 
気の早いサンタさんがプレゼントを置いてってくれました♪♪♪



101スカウトの板バネフォークですよ~♪♪♪






手持ちのフォークをズラリと並べてみます。



コンだけあったら軽トラの新車くらいなら買えるねwww。

随分と廻り道したなぁ・・・www。








コレはトライアンフ純正

細くてシュッとしててイイんだけどね~。

コレにフォークカバーを組み合わせたらステキ過ぎるよね♪♪♪








この辺の「にゅゥッ」とした感ぢも◎








セリアーニのオールドGP35φ

性能を求めるならコレ以上のモノは無いでしょう。

峠を攻めれるIndian」に仕上げるツモリで
グリメカのダブルパネルと組み合わせる為に泣きながら買いました。









色んなトコがいちいちカッコいいよね。

でもってスゲェ軽いし。








スポーツスカウト純正ガーター

「とりあえずノーマルは押さえとかんとアカンやろ」
と思って手に入れたんだけどさ。

ガーターフォークってIndianに限ったハナシぢゃあ無いけど
構造上ドーしてもニワトリみたいに首が突き出るンで
御世辞にもカッコいいとは言えないンだよね。

オレはドーしてもアレが好きになれなくてさ
インディアンの純正は特に幅が広くてゴツくて不恰好なので
手に入れたはイイけど使う気にはなれなかったワケ。

で 101のフォークが手に入ったコトだし 
コレはもう手元に置いておく必要も無いかな・・・。






101Scoutの板バネフォーク

Indianを手に入れてからというもの 
ドーしても欲しくて欲しくて欲しくて
恋焦がれて夢にまで観ていたフロントフォーク。

でも昨今のIndian人気の煽りを受けて
本国アメリカでもIndianの部品はナニからナニまで高騰しちゃって。

オレがIndianを手に入れたトキの倍になってるのよ・・・。

とてもぢゃあ無いけどビンボー人に手が出せる金額ぢゃあない。

だから諦めてたンだよね。

諦めてたから「グリメカにオールドGP」だったワケだけど。

コレが手に入っちゃったらねェ~♪♪♪








仕組みとしてはダンパー効果の無い旧態然としたサスペンションなので
間違いなく乗り難くはなるだろうね。

フォークの強度のコトを考えたら効きの良いブレーキなんか使えないだろうし
今よりも更に巡航速度を抑えないとイケなくなるだろう

当然「峠を攻める」なんてコトも諦めないとアカンやろ

でも

ダケれども

ソレでも 

「このカッコ良さが手に入るのなら我慢出来る」






たぶんwww。


「Indianに乗るのならコレ以上のフロントフォークは無い」

と オレは思っています。

ソレくらい惚れ込んでいるパーツ。


ガーターフォークと違って首が突き出ない。

ニワトリみたいにならない。

IndianがイチバンIndianらしく美しかった時代のフロントフォーク。

ソレはつまり「世界でイチバン美しいフロントフォーク」

というコトだ。  

そう断言してしまおう オレが許すwww。 






ソンなパーツが手に入っちゃったンだから使うしか無いよね♪♪♪

もう泣きながら買ったオールドGPのコトなんて
今はコレっぽっちもアタマにありませんよwww。


フォークはコレつかって アレはコレ使って ソレはアレ使って
アソコをアーして ソコをコーして アッチをソーすれば

「めっちゃんこカッコいいIndianに成るぢゃん♪♪♪」


役者は揃ってるからね~。

アトは舞台に上げるダケ。

もう股間がパンパンですよwww。 

むふふふふふふふふwww。 





























0 件のコメント:

コメントを投稿