右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2016年11月12日土曜日

アエルマッキとシルクロードとモネの池からのGo!Hey!! 五平餅~♪♪♪









本日はハーレースプリントとシルクさんのランデブーツーリング

シルクさんは弟くんがライディング

弟くん大型免許モチですが自動二輪でのツーリングは

オレのダブワンとFLHで行って以来だから十数年ぶり

完全なペーパーライダーなので

今日は比較的近場で御茶濁しではありますがwww。



久しぶりのツーリングに緊張気味の弟くんwww。








スタート時メーター






慣れないバイクのツーリングなので弟くんの走り慣れたトコへ行こうと

目的地を板取川にした。

弟くんは鮎師なので美濃や板取は勝手知ったる道なのだ。







無事ナニゴトも無く到着

イツもの走り慣れた風景もバイクだと違って見えたそうな。

ココまで来ればバイクにも慣れて風景を観る余裕も出て来たようだwww。 

でもってココは今や有名になってしまった「モネの池」の前にある喫茶店

ココで「五平餅」を食べられるという情報を掴んでやって来たのだが

どうやら今はやっていないらしい。

間違い無くココで五平餅を売っていた証拠画像があるのだが



ナゼだか店主に尋ねても「五平餅はやってない」と言い張る。

「ウチはじゃがいもドーナッツしかありません」と言う。

観光客をアテにしてヤッテはみたが思ったほど売れなかったんだろうな。

しかたが無いので「じゃがいもドーナッツ」つきのホットコーヒーを注文する。

店主推しの「じゃがいもドーナッツ」は甘さ控えめで確かに美味しかった。

でもオレは五平餅を喰いに来たんだ

ワザワザ板取くんだりまで来たのは五平餅を喰う為なんだ・・・。







店の裏に神社があって人だかりが出来ている。

どうやらアソコが「モネの池」らしい。

せっかくだからコーヒー飲み終わったら行ってみよう。








池の周りはグルリと人で囲まれているwww。

















ふう~ん・・・。








肉眼で観ると凄く微妙・・・www。








画像で観た方がモネの絵っぽいンだね

実物は全然モネっぽくないよwww。

水ももっと綺麗に澄んでいるのかと思ったら白く濁ってるし

全然綺麗でも無いしナニがイイのかサッパリわからん・・・。
 









あれが「幸せを呼ぶハートの鯉」らしい・・・。








ハート? ハートなのかぁ~??








ハートねェ・・・。








まぁソーいうコトにしておこうか・・・www。








オレ的には池や鯉よりも








紅葉よりも








池に群がる群衆がオモシロかったっスwww。


池の前の通り沿いの家なんてニワカ有料駐車場化してましたからね。

眼と鼻の先に無料駐車場があんのに必死で旗振りしてんの


あーやって一日旗ふってナンボ儲かるンやろか

よー頑張って停めても5台位しか停めれん敷地やのにね。

土曜日の昼間で3台しか停まってなかったよwww。

ンなエネルギー使うンなら

他ゴトしとった方が効率良く稼げる気がするけどねェ~www。






モネの池をあとにしてR256を北上しますと

本日の第二目的地です。




関市板取町の徳衛茶屋








店舗画像撮り忘れたので拾いモノで失礼








アジメドジョウの唐揚げ

ドジョウの唐揚げは名古屋メシである手羽先の「元祖」で有名な

「風来坊」の定番メニューで昔から名古屋人には馴染みな料理ですが

(今は風来坊のメニューからは消えている?)

アレは普通の「ドジョウ」なのでチョッと臭みがあってクセがありますが

コレがドジョウ

コレは清流に生息する「アジメドジョウ」なので 

コレがアジメドジョウ


きっと臭みも無くて美味しいだろうというコトで注文してみました。

予想通り臭みも無く非常に美味しい




しかも子持ちでした。


他にも川エビの唐揚げとか山葵の花の佃煮とか

気になる料理がイロイロありましたが

オレの目的はあくまでも「五平餅」ですので・・・www。


あとツイデに「手羽先」の名前が出たので言っておきます。

ウチのブログでは何度も書いていますが・・・。

名古屋メシの「手羽先」の元祖は「風来坊の手羽先」です。

生粋の名古屋人は「山ちゃん」の手羽先など認めません。

あんなモノは名古屋の手羽先ではアリマセン。

名古屋の手羽先と言えば「風来坊」以外は認めません。

食べ比べてみれば風来坊の偉大さがわかります。

名古屋メシついでに言わせてもらえば

「矢場トン」など「下痢トン」です。

アンなモンは味噌カツではアリマセン「下痢カツ」です。

ホンモノの味噌カツの味噌は黒光りする赤味噌がコッテリとかかっています。

宣伝上手なニセモノに騙されてはイケマセン。

チョッパーでもCUSTOMでも同ンなじなのですよ。  

 




というコトで本日の1本目


肉厚の「まつや」スタイルのモチは外はカリっカリに焼かれ

ご飯の殺し具合も絶妙でした。

塗られている味噌は今までに味わったコトの無い不思議な味。

濃厚な木の実感だけど安っぽさは無く凄く上品な味。

鼻に抜ける香りはカカオの様な甘い風味がほんのりと。

ナンともオレのボキャブラリーでは形容のし難い不思議な味の五平餅でした。

もちろん凄く美味しいですよ。






板取に行ったら「徳衛茶屋」でキマリです。

店の雰囲気もとても良いし 接客も非常にキチンとしています。

メシ時の「五平餅だけでも?」という客にも

嫌な顔ヒトツせずキチンと対応してくれました。


こういうトコは きっと他の料理も美味しいに違いありません。

次行ったトキは名物の川魚料理も喰ってみようっと。



R256を南下してR418に乗り 本日の2本目はココ





画像は拾いモノで失礼

「道の駅むげ川」








武芸川産コシヒカリと古代米ブレンドの五平餅 

古代米のプチプチした食感が美味しい

くるみやピーナッツやゴマなどを混ぜた手作りのタレもとっても美味しい

欲を言えば追い焼きが欲しかった。

追い焼きがあれば香ばしさが出て もっともっと何倍にも美味しくなるにちがいない。

非常に勿体無い。

道の駅の中では上位に喰い込む美味しさである。




今まで板取方面に足が向かなかったのは五平餅が喰えるトコが少ないから

今日も結局2軒でネタ切れ・・・。

さすがに2本では寂しいので 帰りに入鹿池に寄ったwww。


画像は拾いモノで失礼

本日の3軒目は まさかの犬山市堤下のみはらし茶屋www。







「でんがく」と「五平餅」を注文

五平餅は全然ダメダメだったけど 

でんがくは美味しい。

昔から「みはらし茶屋」のでんがくは美味しいと思っていたけど

久しぶりに再確認した やっぱ美味しいわ。

入鹿池の売店がでんがくを売りにし出したのは

みはらし茶屋の評判に便乗してだったかと思う。

ガキの頃から何度も喰ってるけど昔から変わらず美味しい。

オレの中では入鹿池のでんがくの元祖は「みはらし茶屋」なのだ。

入鹿池の五平餅&でんがく食べ比べもやらなアカンね。

ドコが一番美味しいかオレが白黒キッチリつけたるwww。








本日の走行距離約157km

弟くんの肩慣らしには丁度良い距離だったね。

天気も良かったし冷え込みも無かったし。

また誘うで付き合えよwww。














「ガチンコGo!Hey! 餅!!食べ比べGrand Prix」


ガチンコ最新ランキング絶賛更新中♪♪♪


http://funnycustom.blogspot.jp/2016/08/gohey-grand-prix.html


http://funnycustom.blogspot.jp/2016/08/gohey-grand-prix.html






















0 件のコメント:

コメントを投稿