右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2015年10月8日木曜日

#07 CHIRIHAMA SAND FLATS SPEEDWAY 2015 











スポーツスカウト











スポーツスカウトのガーターはストレートレッグ







スイングアーム部分はキャスティング







このライザーは非オリジナル


































プラグは真上から 

ウチのインディアンさんとは違うなぁ・・・。









オイルポンプもナンか違う・・・。








純正マグネトー







スポーツスカウトってナカナカ観る機会が無いからねェ・・・。

ウチの以外ので実車を観たのはコレで2台目かな。
















コッチはジュニアスカウト


これヤフオクに出てて本気で買おうかどうか悩んだンだよねェ・・・。















ジュニアスカウトのガーターはアールがついている








アームはキャストではなく無垢の切り出しっぽい








エンジン構成とかも40年代とは全く異なる。



















薄くて小さなキャブカバー

コレでマトモに吸うんかなぁ・・・。

ウチのインディアンさんは 吸い込みが足りなくて

セッティングが出なかったのでゲタを製作してかませてある。




















シートのバネが角断面だ。

オイルタンクは後付けかな。









全高の低いエンヂン









ウチのインディアンさんも手に入れたトキはこのタンクだったな。

カタチがドーしても好きになれなくて売っちゃったけどね。








リアハブは40年代のスカウトと共通なのかな?









40年代は ひっくり返しに使っているダケ?









ジュニアスカウトは左チェーンだからね。

だからエンジンもだけどミッションも全く40年代とは違う。

当然フレームも異なるンだけど 
リアセクションを変えたら40年代のEgが搭載出来る?

ウチのインディアンさんはドーもソレっぽいんだけど・・・。









雰囲気あるね♪♪♪

イイね♪♪♪





























0 件のコメント:

コメントを投稿