右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年1月27日日曜日

岐阜と核










いま、オレが住む春日井からクルマで40~50分のトコロで
核融合実験が行われようとしていて物議をよんでいる。

核融合実験 ???

オレは3.11以降からの「にわか反原発」だから
原子力に関しては全くの素人だ。

だもんで、そもそも「核融合ってのはナンなのよ?」
ってトコロから勉強しないとダメなのよ。

イロイロと調べてみると文字通り
原子核を融合させる技術みたいなんだけれども
原子核を分裂させる技術である核分裂とは
かなり毛色の違った技術みたい。

「核融合 危険性」で、サクっと検索してみた。


「核融合炉の場合、燃料を一気に炉に入れてしまっても、
上司の怒りを買うぐらいのことだ。
これが核分裂炉となると、20万人もの近隣住人が避難させられることになる」

http://wired.jp/2007/06/06/%E8%87%AA%E5%AE%85%E3%81%A7%E6%A0%B8%E8%9E%8D%E5%90%88%E5%AE%9F%E9%A8%93%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E3%83%95%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%80%8D%E3%81%9F%E3%81%A11/

なんていう話があったり。

「放射能の量が桁違いに少なく、
放射能が減衰する時間も桁違い短いため、危険性は非常に少ないよ」

http://safety-info.nifs.ac.jp/mailQA/m-Ae03.html

燃料に放射性物質であるトリチウムを用いること、
核融合反応の結果、中性子が発生し核融合炉を放射化するなど、
放射能とまったく無縁ではありません。
しか し、高レベルの核廃棄物が発生する現在の核分裂型原子炉と比べると、
放射能の量が桁違いに少なく、
放射能が減衰する時間も桁違い短いため、危険性は非常に 少なくなります。
例えば、現在の核分裂型原子炉で発生するプルトニウムという物質の場合、
放射能の量が半分になる時間は数万年ですが、
核融合炉の燃料にな るトリチウムの場合約12年です。
核融合炉が放射化するといっても、
使わないで100年程度置いておけば、放射能が安全なレベルまで減衰し、
再利用が可能 になると予想されています。

100年でホンとに安全になるかは、あくまでも「予想」のようだけれどね


「核融合は暴走しないから安全ですよ」

http://safety-info.nifs.ac.jp/QA2012/120703.html

へェ・・・安全なんだ・・・。

そんな一方で コンな話もある。


「核融合炉は安全? とんでもないもない!!」

http://www.jttk.zaq.ne.jp/hibaku-hantai/iter.htm


ドッチかがウソを言ってるのか
針の穴を無理やり抉じ広げて騒いでいるのか
ニワカには判断が難しいトコロである。


まぁ、核融合実験もナンだけれども
他にも岐阜にはキナ臭いハナシがイロイロとあるンだよね。


「岐阜には我が国最大のウラン鉱床があるんですけど・・・」

http://hiroakikoide.wordpress.com/2012/07/26/spa_2012jul17/

たいへんだ!リニアにも反対しなきゃ!! 

とかさ

核のゴミの採取処分場になるんじゃないか
って言われている

「東濃地科学センター(瑞浪超深地層研究所)」
http://www.jaea.go.jp/04/tono/index.htm 

ってェのも岐阜にあるワケだけど

まぁソコで地面にガンガン穴を掘ってるワケだが
アタリマエのようにウラン残土が出るワケよ。
穴の周りにはガイガーカウンターが振り切るくらいの残土が山積みされてて
でもってソレをコッソリ川に捨ててる なんて噂もあるしね。

フェロシルトがコソっと埋められたのも
岐阜と瀬戸の県境付近じゃなかったっけ??

ウラン鉱床があるから「核」を呼ぶのか
単なる偶然なのか・・・。

まぁ、ナンにせよ岐阜は隣町って言っても過言ではない所だけに
イロイロと注視してかなアカンねェ・・・。






















0 件のコメント:

コメントを投稿