右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2013年1月15日火曜日

2011年3月~ 5月の大気拡散シミュレーションによる微粒子濃度分布







福島第一原子力発電所から放出された放射性物質は、
福島県を始めとする関東以北を中心に
各地の環境放射線レベルを上昇させた。

事故後の2011年3月~ 5月に検出した
放射性物質の大気中濃度と移流・拡散について検討する。

福岡県保健環境研究所
九州大学
東邦大学
放射線医学総合研究所



大気浮遊じん中のその他の人工放射性核種
大気浮遊じん中のヨウ素131 セシウム134 及びセシウム137 が
最大値を示したのは2011年4月6日

検出された核種は
ヨウ素131 : 4 . 5 m B q / m 3
セシウム134 : 8 . 0 m B q / m 3
セシウム136 : 0 . 2 2 m B q / m 3
セシウム137 : 7 . 3 m B q / m 3
テルル132 : 0 . 1 2 m B q / m 3

全球大気微粒子輸送モデルS P R I N T A R S を用いて計算した
大気拡散シミュレーションによる微粒子濃度分布






原子炉から放出された放射性物質を含む蒸気あるいは粒子は
周囲に拡散しながら、一旦海上に抜けた後に
再び西日本方面に流れ
2011年4月6~7日には比較的高濃度の放射性物質を含む
空間規模の大きい放射性雲(プルーム)が九州を包み込んだ。





















0 件のコメント:

コメントを投稿