右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2017年4月4日火曜日

自分達は安全な場所に身を置いて「帰っている人たちも居るだろう」「それぞれの判断でそれぞれの責任だ」「裁判でもなんでもやれ」「保障はしただろ」と言い捨てる 挙句の果てには怒鳴り散らす復興大臣











「図星突かれて『無礼だ!許さんぞ!!』とキレる復興大臣」



誰だって住み慣れた地に帰れるなら帰りたいだろう。

「帰れるならば」のハナシだ。


目の前で原発が爆発して

猛烈な放射能で汚染された土地の

上っ面を浚ったダケで

「はい除染しましたから帰れよ」

と言われて

「はいそうですか」

と平気で帰れるのは余程のバカだけだ。


ソンなバカを指差して

「帰ってるヒトタチも居るだろう」

と言われても

自分で考える能力を持った人達はとうてい納得出来ないだろうね。


帰っても良いのかどうかすらハッキリしないのに「帰れ」と言い

そう言っている奴らはフクシマには住んでいない。


まずは自分たちが何年か住んでみたらどうだろうか?

ソレから「帰れるよ」「大丈夫だって」と言うのなら

多くのヒト達が納得するだろう。


ナゼ自らで率先してやってみせないのだろうか。


とても単純明快で簡単なハナシだと思うのだが・・・。

























0 件のコメント:

コメントを投稿