右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2017年3月31日金曜日

この写真が持つ底知れぬ恐ろしさを感じるコトが出来るのならばアナタは正しく福島第一原子力発電所爆発事故を理解していると言えるでしょう











この画像は福島第一原子力発電所爆発事故現場

1号機内部調査の最新の写真です。


真ん中の抜け落ちたグレーチング(網のような部分)の下から

湯気のようなものが見える。

と 東電は言っています。


熱をもって湯気を発生させるような熱源は

溶融した核燃料の他には無い。


福島第一原子力発電所爆発事故から6年を経た今でも

水を沸騰させて湯気を出させるほどの熱をもって燃え続けている。


ヒトが近寄れない程の猛烈な害を放ち

強力な放射線は半導体をも壊してしまい機械ですら迂闊に近寄れない。

ソンなモノがグツグツと爆発のチャンスを窺いながら燃え続けている。


人類には為す術が無い・・・
















0 件のコメント:

コメントを投稿