右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年3月11日火曜日

震災からはや3年 今までクニや東電の甘い見通し通りになってるコトってあったっけ? 







「はいはいトリチウムは海に捨てますよ」

http://money.jp.msn.com/news/reuters/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AC%AC%EF%BC%91%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%80%8130%E2%80%9040%E5%B9%B4%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%82%8B%E5%BB%83%E7%82%89%E3%81%B8%E3%80%8C%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E6%80%9D%E8%80%83%E3%81%A7%E3%80%8D%EF%BC%9D%E6%89%80%E9%95%B7


アルプスは止まってばかり。

膨大な電力を消費する「凍土遮水壁」が頼みの綱。

今後はトリチウム水は海に垂れ流されるだろうし
地下水バイパスで地下水も海に捨てられる。

「凍土遮水壁」が上手くいかなかったら汚染水の流出は止められない。

毎日400tも建屋地下に流入している地下水を
地下水バイパスで100tソコソコ減らしたって
残り300tは建屋に流入する。

その流入を防げなければ汚染水の環境への流出は止められない。

そしてもし運良く「凍土遮水壁」で地下水の流入を防げたとしても
融け落ちた核燃料を冷却する為の冷却水の注入は続く。

この先ナン十年も続く いや ナン百年になるかもしれない。

水を注入し続ける限り必ずドコかで漏れ出る。

完全にシャットアウトするコトは不可能だ。


人類には手に負えない放射能。

果てしない戦いがイツまで続くのか。

「プラス思考で」行けるほど簡単な問題ではない。





























0 件のコメント:

コメントを投稿