右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2015年6月11日木曜日

Street Car Nationals in SUZUKA 2015 #02












SCN鈴鹿にはアワードがあります。












本部テント前に並んだアワード車両








37フォードのオーナーだった平井さん。









デュースのロードスターに乗り換えてSOLIDアワードゲット♪♪♪









トラディショナルスタイルの御手本のようなクリーンでシックなHotRod♪♪♪








カッコいいねェ~♪♪♪









イベントを御手伝い頂いているファラオスからもアワードが








九州から自走で参加されたガレージビルドのインパラ



















ボンネットの下にV8を詰め込んだクジラクラウン

















塗装が決め手になったリビエラ





























プロツーリングスタイルのシェベル











今年もウチからアワード出しました。








今年のファニーアワードは


















ファラオスの細野さんに

















1936年ダッヂ







長年アンフィニッシュで方々のイベントに出没されておりましたが

ついに綺麗にフィニッシュされました。








細かい部分の造り込みが素晴らしい♪♪♪









グリルインサートはツイストバーで作り直されている。









ビッグホーンの状態も抜群


















渋いスポットランプ







アップルトンはリブ入り










ポジションのグリルはワイヤーから自作されている。







ファラオが睨みをきかせる










後姿にも隙がない。











































他車用のフェンダースカートを加工して使っている。









ルームミラーも個性的







細野さんはファラオスのメンバーで 

オレと同じくSCN鈴鹿のボランティアスタッフです。


でも「良い車両を選ぶ」というのがアワードの趣旨ならば

スタッフの車両だろうが一般エントリーだろうが関係ないとオレは思います。

努力し結果を出したヒトが報われる。

アタリマエのコト。

だから今年のFunnyアワードは この36ダッヂなのです。


おめでとう御座います♪♪♪


































0 件のコメント:

コメントを投稿