右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2015年6月26日金曜日

1974 Chevrolet Corvette Stingray Convertible












本日無事スティングレイちゃんの亡き骸が引き取られて行きました。




急なコトで心の準備も出来ておりませんでしたが

アレヨアレヨという間に20年眠っていたガレージから引っ張り出され

20年ぶりに陽の光を浴びて眩しそうなスティングレイちゃん。








自分の未練を断ち切るにはバタバタくらいが丁度良かったのかもしれません。


オレの熱しやすい性格のせいでバラバラにされたまま

結局仕上げてあげられなくてゴメンね。








次のオーナーはボロい74yとニコイチにして組み上げるそうだから

程度の良いキミのパーツは殆どが使われるコトだろう。

だからまた走れるようになるよ きっと。








さようなら・・・。







アメ車では喰って行けなくてモンキーに鞍替えした頃

「モンキー屋」って言われるのが凄くイヤだった。

だから「元コルベット屋」って言うのにしがみ付くように

イツまでも動かないスティングレイを手放さずに居た。

コイツを手放してしまったらアイツらと同じになっちまう・・・。

オレはアイツらみたいなチンカスとは違う。

自分の中のプライドを守る為に

毎月貸しガレージの家賃を払っていたようなモンだ。

気がついたらコルベットどころか

コブラが買えるくらいの家賃を払い続けてた。

チンケなプライドが随分と高くついたモンだwww。


ちびっコでChopperを創るようになって

自らのアイデンティティーをモンキーで表現出来るようになって

「モンキー屋」って言われるのがイヤぢゃ無くなった。


オレはモンキーで「オレのモンキーの世界」を創る。

アイツらとは全く違う「オレ独自のモンキーの世界」を。

そう思えるようになったんだ。


そうやって自らのアイデンティティを表現出来る場を得たから

スティングレイと同じようにしがみ付いていた

乗っても居なかったハーレーを手放す気になった。

ハーレーを手放す気になったからこそ

インディアンが手に入った。

生涯最後のバイクになってもイイ。

そう思えるバイクに出遭えた。

もう「次は〇〇が欲しい」って思わなくても良くなった。

凄ンごくキモチが軽くなった。


さぁ!バイクの次はクルマだ!!

次のクルマは生涯最後のクルマになるのかな。

そうなるとイイな・・・♪♪♪





























0 件のコメント:

コメントを投稿