右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2015年6月9日火曜日

For Sale !! 1974 Corvette Convertible










20年前にコルベット屋で番頭をしていたトキに買ったコルベット

1974式のスティングレイのコンバーチブル

(よく81yとかを「スティングレイ」と言っているヒトが居ますが
「スティングレイ」の名がつくのは正式には1976年までです)

当時はマッスルカーバブルでコルベットは別格で高額でありましたが

登録済みの車輌を業販で引っ張って来て

当時の価格としては破格値のコミコミ250万円で手に入れたのでありました。
 

車輌の方は 調子良くてソコソコ奇麗だったのだけれども

ソコはソレ 吊るしの状態でイツまでも乗って居られる性格ではないので

「勉強の為に」とイイワケを言って

「フレームオフレストアをヤル!!」と言い出して

フルローンの5年払いで買ったクルマを

速攻でバランバランにしてしまったのでありました・・・www。

 
ンでもって

「ドーせヤルんだったら・・・」と さらに悪い癖が出て

「ゴリゴリにカスタムしてやろ♪♪♪」と

当時の給料の殆どを注込んで部品を買い漁り

脳内妄想はドンドンと膨らんで 

思い描いていた最終形態はコンナイメージ・・・。




まぁ、あくまでも脳内妄想ですから・・・。

本人はいたって「本気」でしたけどね・・・www。


が、しかし・・・・

志半ば(と言うよりもバラバラにしたダケだから志始めか?www。)で

勤めていたコルベット屋の社長と経営方針の違いから袂を分かち

独立するコトになってしまったのでプロジェクトは中断。


その後、「生活」という辛気臭い「現実」に追われ

業種をアメ車からモンキーにシフトしてしまったので 

ガレージの片隅で20年間ボディカバーを被せて眠り続けています。


ソンな可哀想なコルベットさん

「老後の楽しみ」とか自分にイイワケして 

イツまでも手放さないで後生大事に所有していましたが


最近ソンな「老後」はイツまでも続かないンだぞ 

ってコトに気付きまして・・・。


50手前になって カラダの衰えを痛感し

残された時間ナンかを現実的に考えたりすると

「創って乗って楽しむ」というクルマ道楽も

次のクルマが最後なのかなぁ・・・

ナンて考えるワケであります。


そうなると「最後のクルマ」がコルベットでイイのか??

ナンて考えちゃうワケで・・・。


コルベットのコンバーチブルをマニュアルトランスでブッ飛ばすコトは

確かに憧れだったンだけれども 

ソレは弟くんのアイアンで十分味わったしね。
 

(兄弟でコルベットのコンバーチブルに乗るイカレポンチwww。)

 
生い先短い人生 

死ぬまでにドーしても乗っておきたいクルマに乗る為に

コルベットを完成させるコトは諦める決意をしたのでありました。


何方か、ドンガラのモーターボート状態の74コルベットコンバーチブル

引き継いで仕上げて頂ける方は居ませんでしょうか。


現状バラッバラで足りない部品なども御座います。

「書付フレームにマッチングエンジン+オマケ中古部品」程度に御考え頂ける方

価格は40万円くらいで考えております。

分解してから20年ガレージ保管でしたので

ボディーもフレームも状態は良いです。

現状で所有している中古のノーマル部品は全て差し上げます。

新品で購入した部品も御希望でしたら超格安の破格値で譲ります。

新品部品は当時の原価で¥1000000-を楽勝に超えるくらいはあります。

今なら3割増し位ですかね。

フレームも部品も全てマトメて買って頂けるのなら

全部で¥1000000-でイイです。

もう「原価が」とか悠長なコトを言っていられる状態では無くなりました・・・(TT)


詳しい詳細は書ききれないので 

詳細を知りたい本気の方は

fcs4405@yahoo.co.jp

まで「コルベットが欲しいがや」でメール下さい。


冷やかしに対応するのは疲れるので本気の方だけ御願いします。

メールに住所 氏名 電話番号の明記の無い方には返答しません。

くれぐれも「本気の方」だけ御願いします。


絶対に損はさせませんので 

何方か可哀想なコルベットを復活させてやって下さい・・・m(_ _)m




































0 件のコメント:

コメントを投稿