右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2014年2月28日金曜日

法廷基準の40分の1だからヂャンヂャンバンバン垂れ流すよ~










「放出される総量がドレだけになるのか見当もつかない・・・」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00010007-minyu-l07

 

ニッポンの全ての原発から放出されていたトリチウムの合計は
1年間で平均380兆(3.8×1014)Bq

今回の放出では
1日で1500Bqを100000リットル放出するから150000000Bq

1ヶ月で45億ベクレル 年間540億ベクレル

人為的に放出するトリチウムだけで年間540億ベクレルにもなるワケか。

ソレが何年続くのかワカラナイ・・・。


モチロンコレは 止めたくても止められなくて
毎日毎日環境中に垂れ流しになっている放射能とは別のハナシだからね。


いま現在までで福島第一原子力発電所爆発事故現場からは
「事故から半月チョッと」で「少なくとも」
「ヨウ素131とセシウム137の空間放出だけで90京ベクレル 以上」が放出された

「ヨウ素131とセシウム137の空間放出だけで90京ベクレル 以上」

しかもたった半月チョッとで・・・

原子炉内で生成される放射性物質の種類は160種類近くあるそうな。

福島第一原子力発電所爆発事故当初の
全ての放射性物質の合計がドレだけになるのか・・・

考えたダケでも 想像を絶するね・・・。


そしていま現在でも 
止めたくても止められずに垂れ流されている放射能が
毎日毎日2億4000万ベクレルも空間に放出されている。

コレもどーせ全ての放射性物質の合計ではない過少評価だろう。


そしてもうヒトツ 
福島第一原子力発電所爆発事故現場からの放射性物質の放出は
汚染地下水や原子炉冷却水の海への流出もある。

福島第一原子力発電所爆発事故現場から海に放出された放射性物質は
「事故からたった半年間」で15京ベクレル放出された。

コレもどーせ全ての放射性物質の合計ではないやろけどね。

そしてモチロン 今現在も海への流出は続いている。


コレらの数値は極々軽く見積もっての数である。
なんせ原子炉内で生成される放射性物質の種類は
160種類近くあるそうだからね。
2~3種類の合計では本当の放出量にはとうてい及ばないでしょ。

全てをキッチリ数えたら、いったいドレだけの量が
止めたくても止められずに環境中に流れ出てしまったのだろうか。

そしてコレからドレだけの量の放射性物質が
我々の住む環境中に放出されていくのだろう・・・。

目先の慾に負け
愚かな術に手を出してしまった代償は
あまりにも大き過ぎる・・・。






























0 件のコメント:

コメントを投稿