右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2017年1月12日木曜日

Todays 35 FORD Pickup HotRod!!! #15

















1920年代から30年代初頭にかけての自動車用時計です。

エルジン ウォルサム ドクサ ウェストクロックなどなど

全てオーバーホール済み。


1920年代や1930年代でも自動車は高級品でしたので

その頃の自動車用アクセサリーは手の込んだ丁重な造りの高級品が殆どです。

時計もそのヒトツ。


当時はイマと違ってアメリカ製のムーブメントのクオリティーが抽ん出ていたそうで

ウォルサムやエルジンにロンジンなどが高級ムーブメントとして持て囃されていたのだとか。

スイス製が台頭して来たのはもうチョッとあとのコト。


と言っても当時のアメリカ製であってもチープなモノも存在したので

アメリカが良くてスイスがダメだというコトではありません。

ウェストクロック等はアメリカ製でも全然ダメダメなチャチな出来だったりします。

ナゼかアメリカ本国では非常に人気が高いですけど・・・www。


まぁソノ辺の低レベルのモノは中身を観れば一目瞭然ですけどね。

ブリキの打ち抜きとCNCのビレット位の差がありますのでwww。


やはり時計はムーブメントが命ですから

パッと観の派手さよりも中身の精巧さで選びましょう。


というコトでウチの35Picさんには

エルジンのブラックフェイスのスモセコ付きを使うコトにします。



残りはコレクションにしようかとも思いましたが

コレ以上無駄なモノを増やしても置き場が無いので売りに出すコトにしますよ。

まぁ売れなきゃあ「しゃあない」のでコレクションに加えるコトにはしますがねwww。

安売りする気はサラサラ無いンで・・・。
































0 件のコメント:

コメントを投稿