右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2016年5月10日火曜日

今の自分たちがドレほどの幸運の上で成り立っているのかを理解出来ないバカが何度でも同じ間違いを繰り返す










「東京での被ばく放射線量は数週間で100ミリシーベルトを超える」

http://this.kiji.is/102300098987197949


あのトキにフクシマ沖に駆けつけて居た米軍の空母が

深刻な被曝をしてしまったコトは大きく報道されていない。


「風向きが違っていたら」



あのトキにフクシマで偶然にも4号機の使用済み核燃料プールに水が入った。


「使用済み核燃料プールに水が入らなかったら」


想像してみろよ。


運良く排気塔は倒れなかったし 格納容器が爆発するコトも無かった。



だがソレは我々がコトを思い通りに運べたから防げたのではない。


「我々人類はナニヒトツとしてマトモにはコトを思い通りに運べなかった」


ベントすら満足に出来ず

電源を復旧するコトも出来ず

給水すらも満足に出来なかった。


まったくの「幸運」という偶然が重なって

今の我々の生活がある。


バカはソレを理解するコトが出来ない。































0 件のコメント:

コメントを投稿