右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2015年1月4日日曜日

今日も福島第一原子力発電所爆発事故現場からはストロンチウムが50億ベクレル セシウム137が20億ベクレル トリチウムが150億ベクレル 海に出続けている そして解け落ちた燃料棒は取り出す事は出来ずバンザイ状態

















溶けた燃料の取り出しはできない



先延ばし 先延ばし 


ナニからナニまで都合の悪いコトは全て


先延ばし



汚染水は漏れっ放し



海は汚染され 生物のカラダニ濃縮されていく



「汚染水」を「処理水」と言い換え


大量のトリチウムを海に捨てる。




トリチウムは捕獲する事が非常に難しく通常運転の原発からもダダ漏れなのですが
専門家の研究でDNAを壊す恐ろしい作用があると最近特に指摘されています。

原発立地地周辺でガンや免疫系の病気が多いのはトリチウムが原因かもしれませんね。






























0 件のコメント:

コメントを投稿