右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2018年1月13日土曜日

千葉県千葉市のインディアンショップSABIYAの平松さんからのメールの返事は来ませんがウチに新入りが入って来たので御紹介致しますョ♪♪♪












ヤフオクに出ているバイクに入札した。

アリさんが即売れして次のバイクを探しているのだけれども

ナカナカ思う様なプライスで状態の良いモノが出て来ない。

毎日のオークションチェックは欠かせないもんだから

ついつい他のバイクに目移りしてしまう。

買えると思ってなかった。

だって店頭では200万円近いプライスが平気で掲げられている車両だよ?

絶対値段が上がると思ってて

賑やかしのツモリでシャレで入札したツモリだったのだが

なんとまぁソノまま落ちちまった・・・(爆汗

アリさん売れて無かったら入札なんてしなかっただろうケド

ビンボー人はチョッと小銭を握ったダケで気が大きくなるでアカンねェ・・・。




まぁ落ちちまったもんはしゃあない。

本日さっそく引き取りに行って来ました。







まぁ昔からドンなモンなんかねェ~って

気にはなっていたバイクだけれども

まさかオーナーになるとは思いもせなんだわwww。 






ぜんぜんオレらしくない って言われるだろうけど

まぁ成り行きでコーなっちまったンだからしゃあないわなwww。




コンな高級なタコメーターがついてますョ~♪♪♪

もちろんホンモノなのでカクカクコキコキ動きますよ~♪♪♪





タンクキャップはワッセルかな?






さてウチの新入り君はいったいドコのナンていうオートバイでしょうか?







もうわかったでしょ?





ちげーよW1ぢゃあ無ェよwww。









BSAのA10スーパーロケットです♪♪♪









カワサキのダブワンのネタ元ですよ。

ダブワンの御先祖メグロはBSAツインのコピーだからね。

昔の日本車は皆ンな外車のコピーだった。

ホンダだって上手に他所のメーカーのネタをツマミ喰いして

イイとこ盗りしてブレンドしてんだよ。

まるで奥田民生や最近の桑田佳祐みたいにねwww。

中国のコトを蔑む資格なんて無いのですョ。

コイツは1959年式なんだそうな。








バーミンガム・スモール・アームズ で BSA

BSAは元々は銃器を製造していた会社なんだそうな






どことなくエロティシズム漂うエンブレムwww。

まるでLOWRIDERのマリア像のようだwww。




憧れのスミスのクロノメトリックですよ♪♪♪

ソレもタコとスピードのツインメーター

下のモデル?のロードロケットはスピードだけですからね。

タコのつくのはスーパーロケットとゴールドスターだけなのかな?たぶん。

モチロン実働ですよ。

このメーターだけでもMVXちゃん買って余裕でオツリが来ますなぁ・・・www。





オレBSAのコトなんて全然知らんのだけれどもさ(恥

落札してから慌ててイロイロと調べたンだけれども

(スーパーロケットなんてこのバイク買うまで知らなかったwww。)

同ンなじBSAの別体(注1)650ツインでもイロイロとグレードがあるンだそうな。

でもってナンでもスーパーロケットはアルミヘッドでビッグバルブが売りらしい。


でもって別体(注1)650のツインの最高峰は「ロケットゴールドスター」で

先だっての鬼岩に来ていたシングルEgのゴルディーのシャシーに

スーパーロケットのツインEgを搭載してて

レーシングキャブがついているンだそうな(たしかおそらくたぶん

だからスーパーロケットは上から二番目のグレード(になるのかな? たぶんネ

なんせオレBSAのコトなんて全然知らンもんでスンマセンm(_ _)m






(注1)別体とはトランスミッションがEg本体から分離され配置されているEgのコト
ハーレーなどのEgとミッションがプライマリーチェーン等で繋がっているタイプのEgのコト
殆どのメーカーでは時代が進むにつれて消えてなくなった古臭い方式



年配のオーナーが不動車の状態で手に入れて

コツコツと御自身で直して7年間楽しまれていたンだそうな。

だがソロソロ年齢的にバイクが辛くなって来たので

趣味を4輪にシフトする為に手放すコトにしたんだそうで

このBSAの他にも別体(注1)のトラも所有されていたそうで

ソレは随分と良い値段で売れて行ったんだそうです。

ガレージの前には小奇麗なクリーム色のMGミゼットが停めてありました。 

「もうチョッと値段が上がるかと思ったんだけどねェ」

とオーナーさんも苦笑いするくらい

ビックリするくらいの安い落札価格だったスーパーロケット。

ナンだか申しワケ無いくらいで恐縮でもある。







大切に乗られていた車両なので

イイ感ぢにヤレてはいるが汚くは無いし

ボロくも無いし変な改造とかもされていない。

なのでまぁオレも変な改造はしないで調子良く乗れるようにダケして

大事にしてやらないとなぁ・・・と思うのであった。






軽く近所を一回りしてみたけど 

ブレーキとかキャブのセットとか

細々とした調整や整備がイロイロと必要みたいだけれど

まぁ値段が値段だからソレくらいはしゃあないわね文句は言えまいwww。

キッチリ整備してガンガン乗り回せるようにせんとね。


というコトでオレとBSAとのロケットライフのはじまりはじまりぃ~♪♪♪




























2 件のコメント:

  1. 純正度が高いほど、ノーマル維持が必要ですね、また今年も当方のBSAにコメントして頂き有り難うございました、当方春先に向かって純正度がだいぶ低い69年XLCHを準備中です、今後ツーリング等に誘って頂けたら幸いです。豊田市保見ヶ丘の小木

    返信削除
    返信
    1. ビクター小木様>コメントありがとうございます。
      図らずしてBSAのオーナーになってしまいましたwww。
      XLCHもイイですよねェ~♪♪♪
      当方のBSAがキチンと走れるようになったら
      是非ツーリングに行きましょう♪♪♪

      削除