右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2017年11月15日水曜日

千葉県千葉市のインディアンショップSABIYAの平松さんが逃げ回っているウチに今年もクラシックカーフェスタin尾張旭の季節がやって来たので行って来ました その2


























































オープンロッカー 









クラッチも剥き出し

フレームの穴はまるでHotRodみたい。






























































なにもかもがワイルド過ぎるwww。

















コレ買おうか真剣に悩んだ・・・。

まぁでもイマサラ「電気」もなぁ・・・と。



































ルーカス


















やはりこの手の薄モノはクラックは避けられないンだろうねェ
















































































































































































このスミスのメーターはカッコいいな♪♪♪








いがいとデカイ











































































































サイレンチウム








スーパープラティックBにグランツーリスモ

レバーはベルリッキなのかな?

古いイタリア車は部品のヒトツヒトツがとても美しい。

そんな美しい部品の組み合わせが流麗なフォルムを創り出す。

Customでも同ンなじなんだよね。









後づけのウインカーだけどナンのだろ?

こういうトコも安易にモンキーのとか72のパチモンとかを使わないのがイイね。








とても良い車両でした♪♪♪



イイなぁ~古いイタ車欲しいなぁ~♪♪♪

やはり「美しい」というのはイイよね♪♪♪

観てて惚れ惚れする様な流麗なバイクはイイ♪♪♪

ココら辺りだと乗ってもソコソコ走るしさ。

ハーレーはダメだわ美しくないもんwww。

まだ一年も経たないけどもう飽きてきたwww。


































0 件のコメント:

コメントを投稿