右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2017年8月15日火曜日

今日はニッポンが戦争に負けたコトを認めた日です。世界中が「戦争」を意識している日だからこそ「戦争」についてキチンと向き合って欲しいと思います。



 











インターネットってのは非常に便利なシロモノです。

 疑問に思ったらナンでも検索すれば

 大概のコトは答えらしきモノや答えに繋がるヒントが見つかります。

千葉県千葉市のインディアンショップSABIYAの平松さんが

ナゼメールを返信して来ないのか も 

検索したら 答えらしきモノや答えに繋がるヒントが見つかるかもよ?www。




今日は大勢の方々が死んだ戦争が終わった日


様々な追悼のネタがネット上に流れて来て

メディアでも採り上げられていますね。


でもナンだかとっても釈然としない。

コノ違和感はいったいナンなんだろうか・・・。


ナゼだかニッポンでは

ニッポンが一方的にヤラレタ側になっていて 

そのヤラレタ側の言い分ダケを垂れ流している。


ニッポンがナゼ戦争をしたのか

ソコにキチンとスポットをアテている内容のネタが全然流れて来ない。


「ニッポンはナゼ戦争をしたのか」

インターネットで「検索」してみましたよ。


ナンだかとても自分達に都合の良い解釈で語られている

流れて来るネタ同様に非常に身勝手なモノが多いのですが

要約するとコーいうコトのようです。

 
ニッポンはナゼ戦争をしたのか
 
ソレは「国際連盟を脱退」したから
 
ではナゼ「国際連盟を脱退」したのか
 
ソレは「経済制裁」を避ける為
 
ではナゼ「経済制裁」されそうになったのか
 
ソレは「満州を占領」したから
 
ではナゼ「満州を占領」したのか
 
ソレは「欲張ったから」

 
つまり日本が「第二次世界大戦を引き起こした」ソモソモの原因というのは
 
『自分達の「強慾」の為だった。』
 
というコトのようです。

 
ニッポンは幕末の開国のときに
 
「植民地になる」か
 
「侵略者に立ち向かい独立を死守する」か

の2つの道しかなかった


ソー主張する方が居ますが
 
「侵略者に立ち向かい独立を死守する」コトが
 
「他国の地をシンリャクする」ってコトとイコールだとは
 
オレにはトーテー思えないンですよね。


ソコの「ボタンの掛け違い」からして

全く「解釈」が異なって来ちゃうワケです。

だから「違和感」が生まれるワケですね。

 
他国をシンリャクしなければ自国を死守出来ないのであれば
 
ソレはソノ国のソモソモの自力の無さによるモノである

と オレは考えます。

 
つまり テメェ都合でモノゴトを解釈する都合の良い言い方をすれば

自国の陣地も少なく 資源も乏しく 手駒(自国民)も足りず
 
自給すら出来ないクニが
 
「侵略者に立ち向かい独立を死守する」には
 
「他国をシンリャク」して自国に吸収し自力を上げるしか方法が無かった
 
というナンとも聞こえの良いイイワケになるワケなんだけど
 
ソレって自分らが「立ち向かうゾ」と言ってる「侵略者」とやらと
 
ドコがドー違うと言うのだ? ってコトです。

 
テメェのオイシイトコを守る為に

自分らが「侵略」するコトは正当化されて
 
テメェらが逆に侵略されるコトには「許せない」と言うのが

マトモな考え方だと思うのか?

 
結局ニッポンは自分らが「侵略者だ」って言っている

「列強諸国」とやらと「同じ穴の狢」だった

というコトやろ?

 
ンでもって

自国の陣地も少なく 資源も乏しく 
 
手駒(自国民)も足りず 自給すらも出来ないクニが
 
「調子こいて威張り出した」

だから広大な陣地を持ち 資源も豊富で 手駒も多く

自国でナンでも自給するコトの出来るクニにコテンパンに叩かれた。

ただソレだけのコトやろ?


テメェ都合の身勝手な解釈でしかモノゴトを観れないと
 
「オレは悪くない」「アイツらが悪い」としか考えられなくなるけれど
 
実際のモノゴトは「なるべくしてソーなった」

というコトなワケなんとちゃうの?
 

ってェコトです。

「ぢゃあドーすれば良かったと言うんだ?」とか
 
オレに言われても知らんがなwww。

 
「自己都合の妄想に酔っていないで事実は事実として受け止めようぜ」

というコトですよ。


アメリカがナニをして来たか

ロシアがナニをして来たか

中国がナニをして来たか

イギリスがフランスが・・・

云々かんぬんイイワケたらたら・・・。

でらカッコ悪りィわなソレこそ・・・。


他所のハナシはドーでもイイだろが

今はテメェのハナシだ。


如何なる理由があろうとも 
 
他を虐げるコトは許されるコトではない。


でもって絶対に忘れてはならないのは

「戦争」 というモノは

ソレをコクミンが「容認」しなければ
 
絶対に出来るコトではない わけ。


「戦争」は支配者達がタイマンで殴り合いをするのではないのだよ。

「戦争」は「支配される者」が「手駒」になってこそ初めて出来るコトなのよ。

「戦争」は「戦争」をするコトを「手駒」が容認したからこそ起こしえるワケ。

「戦争」は「戦争」をするコトを「手駒」が容認したから「戦争」になる のだよ。


ニッポンは自国の利益の為に他を虐げ侵略を行い

ニッポンコクミンはテメェの旨味を守る為にソレを容認し

自らが「支配」されて手駒になるコトを認めて来た。

その「事実」にはキチンと向き合わなければイケナイ。


ソコに如何なるイイワケがあろうとも

「事実」が覆る余地は無い。


「ニッポンコクミンは戦争を容認してきた」


戦争を容認しちゃったら 

殺されたって文句は言えんでしょ。

だって「戦争」するコトを認めたんだから。

戦争がドンなモンか知らなかったワケや無いやろ?

都合の良いトキだけ被害者ズラすんのは卑怯やろ。


キチンと自分らの責任についても向き合わなきゃアカンやろ。 

戦争だって原発だって同ンなじやで。


だからこそ我々は今

絶対に「戦争」を容認してはならないし

「戦争」へ向かうコトが出来るようなコトも容認してはイケナイ。

ソコにドンなオイシイ話しが転がっていようとも

「戦争」というモノへ向くコトすらをも認めてはダメなのだ。


と オレは「自国が戦争に負けたと認めた日」に 思うワケです。























0 件のコメント:

コメントを投稿