右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2018年6月7日木曜日

千葉県千葉市のインディアンショップSABIYAの平松さんからのメールの返事は届きませんがストリートカーナショナルズGo!SUZUKA2018は無事終了致しました #03









KUSTOM CITY NAGOYA の重鎮の方々が一堂に会するのも

SCN鈴鹿の魅所だったりするワケです。



































































そして今年はANDY'S御一行様が参加








クオリティの高いHotRodは観応えありますね♪♪♪








永きに渡り貫かれるスタイルには説得力が宿ります。

















マーくん率いるオールドメモリーズ今年は4台








今年はビーチサイドピクニックが復活するそうですよ。



























初期型でGMCでロールーフのバンという複合技

今となってはコレで1本とれるようになりました。





しかもスタークラフトwww。


確信犯ですな。

















オーストリッチ


























ラリーワトソンちっくなグラフィックにはドーしても眼が行きます。

















細かいトコロがカチッと仕上がったらアワードも狙えそうなクルマでした。

















C10とかオナカいっぱいナンでヤハリこーいうトコに眼が行きます。



































ウィールチョイスとか向いている方向がカナリいい線イッテる510








ハンドルも魅せドコロなのでヒト捻り欲しいトコロ








室内もクリーンでイイ感ぢ








クロームがビシッと仕上がってたらアワードとれたかも
















昨年アワードの最終選考まで残ったC1500


今年は大きな進化は無し





去年観たトキは凄く新鮮に観えたンだけど

やはり1年経つと新鮮味は薄れますね。


ソレでも沸くほど居たC1500の中では

ダントツに群抜きでカッコイイんですけどね





バランスは凄く良いクルマなので

細かいトコを煮詰めたら大化けしそうだけどねェ。


「オレならココをアーしてアソコをコーして」って

久しぶりにイロイロ妄想を搔き立てられましたョ。




























































































































ココからは今年のアワード車両




































































今年の「Funny Award」はコチラ♪♪♪


Side ProjectさんのタイプⅡ







ロッドショーでもアワードとってる有名車だから迷ったンですけど

やはりイイモノは何度賞をとっててもイイと思うのでコレにしました。


凄く「キッチリ」と創られています。

でもってスゲェ「ワルい」♪♪♪

「キッチリとワルい」

コレってスゲェ大事なコトです。





オレはワーゲンのコトは素人なので

希少価値とかレアパーツとか

ソーいうのは全くワカリマセンが

コレはソーいうキモチ悪い能書き抜きで

「カッコイイ」って素直に思いました。


でもってワーゲンによくありがちなヨレヨレ感も全然無くて

凄くカッチリとしたシャープさを感じたのも新鮮でした。





ワーゲンなのにユルく無い。


「COOL」という表現がとても相応しい1台だと思います。






おめでとう御座います♪♪♪









というコトでSCN鈴鹿2018も無事終了致しました。

参加された皆様ご苦労様でした。

会場で絡んでくれた方々ありがとうございましたm(_ _)m

ウチのブースで買物してくれた方々アリガトウ御座いましたm(_ _)mm(_ _)m


餅福のHI!ROSHI!!と2-Gくんボランティアスタッフありがとう♪♪♪


皆々様 

また来年もヨロシク御願い致します♪♪♪









































0 件のコメント:

コメントを投稿