右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2018年2月18日日曜日

千葉県千葉市のインディアンショップSABIYAの平松さんからは一向に連絡がありませんが昨夜は第三土曜日でしたのでスパロケちゃんで滑走路のヨコへ行って来たのでありました♪♪♪










第三土曜日の中京地区は

昼間から小雪や雹がパラついては晴れてを繰り返し

終日冷たい風が吹き荒ぶバイクに乗るには向かない天気で御座いました。

ソレでも「地元のニンゲンが行かなきゃ・・・」と

ガレージからスパロケちゃんを引っ張り出して

滑走路のヨコへ向かったのでありました。

スパロケちゃんは前オーナーが

点火ユニットを現代のCDI点火ユニットに交換してくれていたオカゲで

ドンなトキでもティクラー押して空キック2~3回でEgかかっちゃいます。

コンだけ調子良いと皆ンな最新の点火システムに変えたくなっちゃうョね。

インディアンのマグネトーの中身だけ交換してCDI点火にするキットとか

誰か出してくれんかなぁ・・・。




滑走路のヨコに向かう途中で結構な雪が降ってきまして

「帰ろかな・・・」と一瞬は思ったのですが

空港方面の空は雲もなく晴れていたので

雪雲を振り払うかのようにアクセルを開けて滑走路の横へ向かいます。




キンキンに冷たい北風が吹き荒ぶクソ寒い滑走路のヨコには

 沢山のバイクやクルマが集まって居ましたよ。

このクソさっぶいのに皆ンなタワケやねホンとwww。



































































































































































































































ボウタイブロックなんだそうな。



















初めて会ったのはオレが20代の頃の守山PAのアメ車の集まりでした。

ソレ以来3rdカマロばっかり乗り継いでいるソノ筋では有名になっちゃったヒト。





































マイクヘイルウッドレプリカもオリジナルは珍しいっすね。








コノあたりのデザインがイタリアンらしくってイイっすね♪♪♪










コンチマフラーは肉厚でイイ音がするんですよ♪♪♪








コビトなオレには乗れないバイクなので憧れますな。

「あいつとララバイ」の「大門恭介」

大好きだったからね~♪♪♪


 





































弾ける様な乾いた排気音はインパラとは思えないサウンドでした。






































































































































このスポーツスターカッコ良かったなぁ・・・♪♪♪












































































































住田クンはオレがアメ車屋で番頭していたトキのお客さん。

アノ頃からずうっとクルマをイヂり続けてて

今も何台もクルマを所有しているのだけれど

ドレもコレも過激にイヂり過ぎちゃって

公道を走れるような仕様のアメ車が一台も無いそうで

昨夜は叩き出しのブリスターフェンダーな棺桶ローレルで(@@)

何年経とうが変わらない筋金入りのキチガイですwww。













































































































































































































寒さに負けない愛すべきバカ共達

寒さも今月がピークだろうから

また来月も逢いましょう♪♪♪







































0 件のコメント:

コメントを投稿