右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2015年2月27日金曜日

Yokohama HotRod Custom Show 2014 #38









































































































































































ショーボードを観なくてもダレが製作したのかワカる。


オレがSHOW BIKEを観る時に気にしてるコト。

オリジナリティとかアイデンティティとか。

作品の出来も大切だけれど ダレかの真似や焼き直しではツマラン。


過去の他人のネタを借用するのなら

そのネタ元を遥かに凌駕するモノで無ければ

二番煎じのパチモノなワケ


ソレが幾らソツなく出来上がっていたとしても感動は無い。

感動が無ければ当然感銘も無い。

心を揺さぶられるコトは無いワケさ。


奇抜なギミックを盛り込んだり

希少なネタを使うという方法も諸刃の剣なワケ


奇抜だったり希少だったりすればキャッチーだから

眼は惹くかもしれないンだけど

ソコにオリジナリティも無くアイデンティティも感じられなかったら

ソレはマイナス効果しか生まない。

ココまでやってコレかよwww。ゴクロウサンwww。

そう思われちゃうからね。


逆に在り溢れたモノや技法を使って

オリジナリティやアイデンティティを打ち出している作品には唸らされる。

ソレが喩え荒削りであったとしても

心震えるモノであれば 大きな感銘を受けるのだ。


SHOW BIKEを創るってタイヘンなのよ・・・www。





























0 件のコメント:

コメントを投稿