右を見ても左を見ても、金太郎飴のようなポン付けの珍カスまみれの包茎カスタム(敢えてカタカナw)が蔓延する4miniの世界に 風穴を空けるべく 日々孤軍奮闘しておりますwww。

2015年5月7日木曜日

ぶらりインディアンさんで黄金週間ソロツー のはずが・・・








3日の日曜日に下呂まで行ったのに

ナンだか走り足りない感があったので

昨日はソロでぶらりと茶臼山でも行ってみようかと思い立ちまして

朝8時過ぎくらいに出る予定が 

ひと仕事してから出発したので

結局ウチを出たのは10時前・・・。

まぁナンの縛りも無い気楽なソロツーリングなので 

あわてないあわてないwww。


巷は黄金週間最終日 天気は最高♪♪♪

有料道路を使わず(込むから) 

出来るだけ国道も使わず(込むから)

出来るだけ知らない道を選んで(その方が楽しいから)目的地に向かう

というプランで ネットで地図を眺めながらルートを決める。


とりあえず瀬戸品野を通り戸越峠経由で矢作川沿いを行く

予定だったンのですが・・・

道を知らないモンでドコかで間違えたらしくて

トンでもない田舎の集落道へ迷い込んだ・・・。

もうソレは自分が住む同じ愛知県だとは思えないくらい・・・。

絵に描いたような田舎・・・。


ガラケーなのでナビなど装備してないから

自分がドッチに向かって走ればイイのかもわからないし

コークスクリューのようなアップダウンのキツいヘアピンカーブの連続で

方向感覚まで麻痺して自分がドッチに向かって走っているのかもワカラン(><)

実はモノ凄く方向音痴なのよオレ・・・(汗

 
時々現れる道路標識に書かれている見覚えがある地名を頼りに走っていたら

ナンとか知っている道に出た。

帰って来てから地図で調べたら 曲がるトコを間違えてたみたいで

随分と遠回りをしたみたいwww。


ソンなドキドキが味わえるディープスポット奥三河 

まだまだ開拓の余地ありであるwww。


ソンなコンなでナンとか到着したのは「矢作ダム」

と ソコには見覚えのあるモンキーが・・・







ナンと偶然にもヴォクちゃんに遭遇♪♪♪

しかしなんたる偶然か

ナニかヒトツでも歯車が狂ったら ココで遭遇するコトは無かっただろう

もしもっと早く出発していたら もし道を間違えなかったら・・・

 
まァそんな運命的な偶然も

相手が可愛い女の子だったら申し分ないンだけど

相手がヴォクちゃんではねェ・・・www。








まぁソンなヴォクちゃんですが(ドンなだよwww。)

コンなですwww。



ああそうだ もうイイかげんVM-RUNの日程も決めなきゃ・・(汗




ソンな奥三河を長年走り込んでいる彼と

「茶臼山まで一緒に行きましょう」っつうコトになって 

思いがけず船頭を確保

コレでもう今日は道に迷わずに済むね♪♪♪www。










昼食を食べるために寄った道の駅でイツものリンゴソフトクリーム♪♪♪

やっぱりコッチに来たらコレを食べないと始まりませんねwww。


その後 勝手知ったる船頭の道案内で

王道を外したルートで茶臼山高原道路へと向かいます。


タイトなコーナーが続くワインディングを

ヒラヒラと華麗に走り抜けて行くモンキー


ああ観えて(どう観えて?)

こう観えてマスwww。

くどい?www。 

 
こんなヴォクちゃん

実は峠を走らせたらナカナカのモンなのであります。

僅か85ccにも満たないモンキーで軽く流しているダケなのに

コッチは10倍近い排気量のインディアンで

ついて行くのがヤっとこサっとこ・・・(爆汗

マトモに動かないサスと暴れるブレーキを捩じ伏せながら

必死になってついていかないと 

チョッとでも気を抜くと置いて行かれます(><)

まァオレの腕がショボイってのもアリますが・・・(TT)







茶臼山高原道路 25年ぶりくらいに走ったなぁ・・・。

以前に来た時には有料道路で凄く綺麗な道だった記憶だが

今は無料にはなったけれど道は荒れ放題

残念(><)










黄金週間の最終日を惜しむかのように バイクが沢山来てましたよ。









茶臼山高原は特にナニがあるってワケではありませんが

こういうトコにお決まりの池があって カヤックと白鳥が楽しめます。










ゆるキャラ???も出迎えてくれますwww。












冬場はスキー場なのでリフトもあります。

一回¥500-もするので乗るのは諦めましたwww。


5月末からは山頂で芝桜が楽しめるそうですよ。






サーキットもあるぜ!!









めっさ遅いけど・・・www。










しかし こうやって並んでいるバイクを観てると


もう最近のミクロマンみたいなバイクは名前もワカリマセンね。

エンブレムが無かったらメーカーすらもワカラン・・・。

まるで事故って転んでカウルがバキバキになっちゃった的なデザインの

ナニがカッコいいのか全く理解出来んね。

 
スクーターなのかバイクなのかワカランのとか

デザイナーもネタが無いんだろうなァ・・・www。


もうアイデェアが浮かばなかったとしか思えんもんwww。






お!赤バイ?

CⅢ72かな???


昨今のヘンチクリンなデザインのバイクより

こういうバイクの方が観てて心地良い。

 

CustomやChopperにも通ずるトコロだね。

突拍子も無いコトをして注目を集めてるダケなモノよりも


感覚に訴え心地良さを与えるモノの方が優れているのは

マトモな感性を持ち合わせているニンゲンなら理解出来る筈だ。


派手なダケ 目立つダケ 目新しいダケ 

長いダケ 低いダケ 太いダケ


ダケなダケではダメなワケさ。 

でも世の中にはダケなダケなモノを喜ぶ美的感覚の狂ったバカは多い。

だからヘンチクリンなデザインなモノが市場に出回る。


売れるから出回る 儲かるから作る。

世の中バカを相手にしていた方が儲かるンだよね。










まァでもコレも今では「神社仏閣」とか言われているけれども

当時は斬新なデザインだったンだろうなぁ・・・。


昨今のダケなダケのバイクたちも何十年か後に

「心地良い」と言われる日が来るのだろうか

ソレは無いな・・・絶対www。

 













ハンドルマウントのウインカー










ハンドルの角度に合わせてナナメマウントになってます。










HMマークの入ったステアリングダンパーノブ











赤い風防も似合ってるネ♪♪♪
浜松ナンバーだったから 浜松から走って来たんだろうね。

ココらだともうちょこ半世紀以上前だから頑張ってるよね。

そういうオレのインディアンさんは3/4世紀前なワケですけどねwww。










のむヨーグルト

「飲む」というより「ゆるい」と表現した方が適切かも

ドロリと喉に流し込む

美味しいけど喉を潤おすコトは出来ませんwww。









チーズケーキ

チーズケーキというよりチーズケーキ風味のスポンジケーキ

スポンジケーキ大好きニンゲンとしては★三つ

値段は観光地価格ですが・・・www。



さてと お約束の御当地名物も味わったので

ソロソロ岐路につくコトに致します。


タイヤの端から端までキッチリ使って

ワインディングを右に左に

帰りは愛知県側から








一日中峠道を頑張って走ったら

チャンと動くサスとキッチリ効くブレーキが欲しくなりましたwww。

あとリアのブレーキペダルの位置も改善の余地ありかな











優秀な船頭さんのオカゲで

一日タップリとワインディングを楽しめました♪♪♪

オカゲで走り足りない感は皆無www。

タップリとバイクの楽しさを堪能しました♪♪♪


ヴォクちゃんアリガとねェ~♪♪♪




バイクの持つポテンシャルをめイッパイ引き出して走らせる。


75年も前のモーターサイクルだから

モンキーのように絶対スピードは速くはないンだけれど

ハイパワーに「乗せられている」のではなく「操っている」って感じ

そんな人馬一体的な感覚は


オーバースペックなバイクでは味わえない楽しさであります。

そういう意味でも 

やっぱりインディアンさんは最高に楽しいバイクですわ♪♪♪































0 件のコメント:

コメントを投稿